債務整理は何から始める?

query_builder 2023/08/28
コラム
16

債務整理には4種類の手続きがあり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、状況に合った方法を選ぶ必要があります。
しかし「何から始めればいいかわからない」と、いう方もいるでしょう。
そこで今回は、債務整理の流れについて解説します。
▼債務整理の流れ
①専門家に相談する
債務整理は法律の知識や経験が必要なため、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。
相談時には、借金額・利息・返済状況などを正確に伝えることが大切です。
また、契約書や通帳などの資料もあれば持参しましょう。
②借入状況を把握する
専門家に依頼すると、借入状況を把握するために各債権者に対して取引履歴の開示を請求します。
取引履歴には借入日・金額・利息などが記録されており、取引履歴から正確な債務残高や過払い金の有無を計算できるでしょう。
③債務整理の方法を決定する
借入状況が明らかになると、専門家と相談して債務整理の方法を決めます。
個人再生・任意整理・自己破産・特定調停の4種類があるため、ご自身の収入・財産・将来の計画などを考慮して決めましょう。
④和解または認可を受ける
債務整理の方法が決まると、具体的な手続きに入ります。
任意整理の場合は、専門家が債権者に対して和解案を提案し交渉を行います。
債権者と合意できれば、和解の成立です。
個人再生や自己破産の場合は、専門家が裁判所に申し立てを行い必要な書類を提出します。
裁判所から審査や調査を受けた後、再生計画案や免責許可が認可されれば手続きの完了です。
▼まとめ
債務整理を検討している方は、まず弁護士や司法書士といった専門家に相談するところから始めましょう。
そして、借入状況の把握・債務整理方法の決定・和解または認可と進めていきます。
当事務所では債務整理のご相談を承っており、最適な方法をご提案いたします。
契約前のご相談は何度でも無料ですので、お困りの際は気軽にご相談ください。

NEW

  • 借金問題における学んでおくべき基礎知識とは

    query_builder 2023/06/21
  • 自己破産手続きの流れ

    query_builder 2024/02/15
  • 自己破産すると生命保険の解約は必要?

    query_builder 2024/02/01
  • 自己破産による共有名義の不動産への影響とは?

    query_builder 2024/01/15
  • 自己破産による家族の財産への影響とは?

    query_builder 2024/01/01

CATEGORY

ARCHIVE